会社概要

社名

ネットロックシステム株式会社

所在地

〒101-0031 東京都千代田区東神田1-13-11 エトワール東神田ビル
TEL:03-6825-7403

設立

2019年5月14日

資本金

30,000,000円

代表者

代表取締役 新谷 斉之

主要事業

  • 物流システム開発・販売
  • 物流コンサルティング・運営

販売システム(主要)

  • WEB受発注システム(オーダリングマスター)
  • メーカー直送管理システム(WEB産直)
  • 積付自動計算システム(バンニングマスター)

沿革

2005年
ネットロック株式会社の主力事業である3PL事業に加えて、ITを活用した物流システムの開発を目指して物流IT事業部を創設
2008年
積付自動計算システム:バンニングマスターを開発し、販売開始
「バンニングマスター」を商標登録
2010年
Web受発注管理システム:オーダリングマスターを開発し、販売開始
2012年
EC事業者向けEDIシステム:Web産直(産地直送Web管理システム)を開発し、販売開始
2013年
バンニンングマスターについて、NEC(日本電気)へ販売代理店契約を締結
バンニングマスターの販売ラインセンス数が200を突破
2015年
貿易実務に関わる通関書類を自動作成するシステム、輸出マスターを開発し、販売開始
2016年
Web倉庫管理システム:WMSを開発し、販売開始
2017年
NEC代理店としてトラック配車システムの販売開始(配車マスター)
2018年
EC事業者向けに段ボールの選定と詰め合わせを最適化するアルゴリズムを開発(箱詰めBoxエンジン)
2019年
ネットロック株式会社の物流子会社として東日本PFC株式会社を設立(ネットロックシステム株式会社の前身)
2020年
ネットロック株式会社のホールディングス化戦略により物流IT事業部を物流システム開発専門会社として分離独立。 物流子会社を社名変更してネットロックシステム株式会社へ。
バンニングマスターのWeb版、VM-Cloud(バンニングマスター・クラウド)をリリース
「バンニングマスター・クラウド」を商標登録
2021年
梱包ダンボールのサイズ適正化をシミュレーションするアルゴリズムを開発(最適箱提案エンジン)
2022年
バンニングマスターとロボットアームの連携による自動積載に成功

グループ会社